水辺総研

member

水辺の多様さをカバーする
研究員陣の構築を目指しています

  • 主任研究員岩本 唯史

    担当:建築、デザイン、プロボノ組織、水辺のまちづくり、官民連携、公共空間利活用、

    プロジェクト:ミズベリング、水辺荘

    株式会社水辺総研 代表取締役
    RaasDESIGN代表/BOAT PEOPLE Association理事/河川利用PRプロジェクト「ミズベリング」ディレクター 2000年バウハウス大学ワイマール校へ交換留学後、2001年早稲田大学大学院建築学修士過程修了 (有)アトテーブル設立に参加後、RaasDESIGN設立。2005年よりBOAT PEOPLE Associationメンバー (その後一般社団法人化に際して理事に就任)。 横浜の日ノ出町、大岡川を拠点とする水辺のクラブチーム「水辺荘」共同発起人。

  • 主任研究員滝澤恭平

    担当:流域管理、ランドスケープ・地域計画、合意形成、コンテンツ編集、市民調査

    プロジェクト:ミズベリング、善福カエル

    株式会社水辺総研 取締役
    編集者/ディレクター/水辺インフラ研究者/ 河川利用PRプロジェクト「ミズベリング」ディレクター。
    1998年大阪大学人間科学部卒業、角川書店にて編集者として勤務。2007年工学院大学建築学科卒業、ランドスケープデザイン事務所・愛植物設計事務所勤務。2011年より編集者/ディレクターとして独立。
    雑誌「ソトコト」で地域の自然と人間の関係をさぐる“ハビタ・ランドスケープ”を連載。
    九州霧島火山の「ジオと神話」をテーマにしたWebマガジン「あまつち」、テクノロジーが生みだす未来社会をテーマとした「テレスコープマガジン」等を立ち上げる。地域、環境、技術などをテーマとしたコンテンツの編集、コンテンツと連動した地域づくりのプロデュース等を行う。
    2014年東京工業大学大学院社会理工学研究科修士課程修了、水辺インフラの合意形成を研究。現在、九州大学大学院工学研究院環境社会部門博士課程にて、グリーンインフラによる流域・地域づくりをテーマとした研究を行っている。

  • 客員研究員山崎博史

    担当: SUP、アクティビティ構築、着地型観光、DO伝導師担当

    所属:水辺荘代表

  • 客員研究員寺田浩之

    担当: 魚類、水棲生物調査、環境教育、環境展示

    所属:KOKOPELLI+(ココペリプラス)代表

  • 客員研究員泉山塁威

    担当:公共空間、市民参加型まちづくり、エリアマネジメント

    所属:一般社団法人子ども安全まちづくりパートナーズ 研究員、一般社団法人パブリック・プレイス・パートナーズ 共同代表理事、お茶の水スキマ大学 まちづくりディレクター

  • 客員研究員松本拓

    担当:建築、デザイン、水辺のまちづくり、協議会制度、河川占用、川床

    所属:NPO法人水辺のまち再生プロジェクト、北浜水辺協議会、水辺の建築家協会会長