水辺総研

Project

和歌山市 水辺空間を活かしたまちづくり手法検討・調査事業

市内の堀川再生を中心市街地の活性化につなげるプロジェクト。ビジョンメイキングと社会実験。

わかやま水辺プロジェクトは2年目を迎え、1年目の水辺ビジョンをふまえた社会実験フェーズに突入。水辺がまちの魅力を増進させることができるかを実証するために、実際に水辺の駐車場を日々ひとが集える広場空間に変容させ、飲食店事業者によるコンセッションの社会実験mizube commonを実施しました。その他、水上に桟橋を設置する社会実験、河川緑道にテラスを張りださせる地先利用社会実験など多数の社会実験を行い、実際に行ってみないとわからない貴重な知見を抽出することができました。水辺総研では、地元まちづくり会社紀州まちづくり舎と協働で社会実験の計画、設計、運用サポート、調査計画などをおこないました。平成29年度内にシンポジウム等開催予定です。 和歌山市「水辺空間を活かしたまちづくり手法検討業務」

和歌山市/紀州まちづくり舎

(平成28年度〜)

2017.10.24