水辺総研

news

3/19(月)「東京湾岸トーク」に岩本登壇

タクティカルシティ:パブリックスペース活用から実験都市に向けて

2020 年、竹芝は、竹芝地区開発計画の完成、東京オリンピック・パラリンピックの開催などにより、大きく変化します。
今、その時に向けて、地域内外の人々が手を携え、アイディアと実践を通じて、竹芝発の新たなライフスタイル、新たな価値を創造・発信する場と機会を、エリアマネジメント活動の中で生み出そうと考えています。
第3回目となる今回は、竹芝のブランディングを目指し、竹芝通り、旧芝離宮恩賜庭園、竹芝ふ頭などの公共空間利活用の可能性と、具体的な実践の観点から、私たちに何ができるのかについて語るトークイベントを開催します。



登壇者

泉山 塁威  タクティカル・アーバニスト/ソトノバ編集長
松井 明洋  メディアサーフコミュニケーションズ(株) 取締役社長
岩本 唯史  株式会社水辺総研 代表
西山 芽衣  株式会社マイキー 生活実験家


開催概要

日 程: 2018年3月19日(月)

時 間:18:00~20:30
 17:30 開場
 18:00 トークセッション
 20:30 終了

会 場:STUDIO LOTUS
    東京都港区海岸1-14-24 鈴江倉庫4F

参 加 費: 1,000 円(ドリンク、軽食代込み)
    ※参加には事前のお申し込みが必須になります。

主 催: 一般社団法人竹芝エリアマネジメント
協 力: 竹芝地区まちづくり協議会


詳細はこちらから




 

2018.03.07